Life Is Only One 〜ここから始まった〜

2015年初夏。

奈良美智さんの個展が、香港のAsia Societyで開催されました。

LIFE IS ONLY ONE : YOSHITOMO NARA

香港で奈良さんの絵を見る機会は以前にも何度かあったはずですが、私は足を運んだことがありませんでした。

あの怒った表情の絵は前から大好きです。でもポストカードやTシャツなどのグッズを見てれば充分で、わざわざ実物の絵を見にいかなくてもいいだろうと思っていました(すみません)。そういうわけで、この「Life Is Only One」も、私は行かない予定でした。

ちょっと話がそれますが。この個展が開催されていた時期、私は悪運勢に沈んでいました。ゾンビな足取りでトボトボ歩く仕事帰り。携帯に友達からメッセージが入りました。

「奈良美智の個展に行ってきたよ。なんか、涙が出た。」

立ち止まって、友達が送ってきた作品画像をじーっと見ました。

私も個展に行くことにしました。
IMG_4747_low
後ろの丘に、奈良さん名物の犬が並んでいるのが見えるかな。

会場のAsia Societyは、私が香港で一番好きな場所のひとつです。敷地内は緑がいっぱいで気持ちいい。

さて、会場で時間をかけてじっくり絵をみた結論。

奈良美智さんの作品は、実物を見なければいけない。
グッズに印刷された絵だけで満足するのはもったいない。

大きな絵の前に立って、警備員さんに怒られない程度に近づいてみました。絵の構造がわからなくなるぐらい近くに。奈良美智さんの「塗り」で視界をいっぱいにしてみました。それは私が勝手に想像していたようなポップなものじゃなかった。

塗りに、歴史がこもっている。奈良美智さんって前世も画家だったに違いない。

絵の女の子もすごいけど、ほんとの秘密は、女の子の背後にあるかも。

世間で高額取引される奈良美智さんの絵について、いろいろな人がいろいろな小難しい言葉で解説していますが、そんな言葉はどうでもいい。ポイです。

実物の前に立って、童心に返って、素直に全身で感じましょう。あなたの人生変わるかも。

奈良さんの作品から生命力を吹き込んでもらった私は、帰宅してすぐに人生の軌道修正にとりかかりました。そこから全てが良い方向にまわり、今の私は、なかなかいい調子です。ああ助かった!

そういうわけで。今の私はここから始まったのです。

この個展は本になっています。
Once in a Life – Encounters with Nara 《一期一會:奈良美智》

台湾の書店、誠品(eslite)の香港店で売っていました。Broadway Cinemathequeの書店でも見かけました。アートな本を売ってる書店には、たいてい奈良美智さんの本、ありますね。