「この世界の片隅に」は、あかん

「この世界の片隅に」は、気味の悪い映画だ。
日本はどこを向いて歩いてるんだろう。

細部に趣向が凝らされた魅力的なアニメであるのはわかる気がする。
作者の意識の上では悪気なさそう。

でも根本的に、誰が何をしたくて、こんな映画ができて、大ヒットしたのか。
それを考えると気味が悪い。

こんなに可愛らしく柔らかな表現で戦争に親しみをもたせて、何になる?
嫁の犠牲の上に成り立つ昔の家族制度をやたらと美化して、何になる?
自分たちの国が発端になった戦争であること、敵も被害者であることが
全く視野になかった市井の人々を明るく現代に蘇らせて、何になる?

世の流れに逆らわず、
戦争の悲惨さの中にも小さな楽しみを見つけて明るく生き、
弱くて、頭が悪くて、上の脅威にならない。そんな、
戦争をする側に非常に都合の良い主人公を、みんなで愛しく見守る物語。

この映画は何かの入り口かもしれない。
どんどん感覚が麻痺していって、
何となく流されて、何となく住んでいるところを戦場にされて、
何となく殺されて、あるいは逃げ回って、
何となく地に埋められて終了、あるいは何となく生き残って嘆き悲しんで、
何となく毎年追悼式して、
何となく誰かに振り回されて生きる。

そうやって亡者のように歴史を繰り返したいか。

これまでの歴史で、世界は常に戦争を必要としてきた。
日本でこんな映画ができて大ヒットするということは、
日本の人々の潜在意識下では、すでに戦争が始まっていそうだ。

ゆるキャラを使った戦争推進映画だとしたら、大成功かもね。

いや、成功なんてさせるもんか。

もっと新しい時代を作ろうよ。

この映画を何度も見ないでほしい。
まだ見ていないなら、一度も見ないでほしい。

地獄への道を善意で舗装する映画。
この映画は、あかん。危険。